鴨沂高校完全ガイドブック。復活。

1975年(昭和50年)生徒自治会発行の「学園案内」を、この度卒業生の方からご提供頂きました。そこで、この全23ページをスキャンし、皆さんへも電子配布を。(※画像下にそれぞれ、PDF変換ファイルを添付しています。)

KC3Z00040001

この「学園案内」とは、その名の通り、鴨沂高校の学園案内として、新入生のオリエンテーションを目的とした小冊子の事。毎年の春に新1年生を対象に配布されたもので、1977年まで年に1度生徒自治会が発行していました。

1978年以降は、この小冊子に変わって「Our School OHKI」という冊子となりましたが、これは学園案内というよりも昨年度における生徒自治会の活動報告や文化祭内容、時に卒業式の送辞や答辞の全文も掲載されるなど、新入生を対象とした、というよりも、各学年の生徒自治会員である学生全体に向けた冊子である性質が強く、新1年生に至っては間接的に、「鴨沂高校ってどうやら、こんな所らしいな」と感じとられるようなものに仕上がっていました。

と、言う訳で、今回の「学園案内」はより、知ってるつもりの鴨沂高校、またはこれまでよく読み取る事が出来なかった鴨沂高校の案内書として、今一度、新入生の気分になって、昭和50年頃の鴨沂高校は一体、どんな高校だったのか、懐かしく思う人、新鮮に思う人、それぞれの視点で紐解いて頂ければと思います。

京都府立鴨沂高等学校1872-2013α_mediaphoto_Pasted Graphic 3

では、鴨沂高校のご入学、おめでとうございます!から。

IMG学園案内s55_0001

 

IMG学園案内s55_0001

1ページ目には生徒自治会長(※鴨沂高校ではいわゆる生徒会の事を『自治会』と称した。)による、新入生へのあいさつが書かれています。世間にありがちな校長や学校側管理職の挨拶文では無く、学生の自治を主眼とした校風がここに見て取れます。

IMG学園案内s55_0003IMG学園案内s55_0002

IMG学園案内s55_0002 IMG学園案内s55_0003

2~3ページ目には、「自治会活動とは何だろう?」という事の説明が掲げられています。自治会について、まず、鴨沂生はみな、その「自治会員」というくくりになっており、自治会の代表である幹部会と、それぞれの自治会員一人一人の自覚を促す文章が印象的です。

また、以降ページに渡る「鴨沂ポケットメモ」というくくり記事では、鴨沂ならではのなぞなぞ名称について、分かり易く説明が付加されています。このページでは「ブランク」について。元々は1学年に12~14クラスもあった時代において、生徒数が教室数を上回っていた為に授業時間を7~8時間と設け、学生はそのうち5~6時間出席とする。こうして空いた時間(つまり空白)をブランクと差したが、この頃には先生が欠席して授業が欠ける事を差した。ちなみに、80年代末頃にはこうした教員側によるブランクというものは無かったように記憶し、ブランクという言葉すら言われる事は無かった。

IMG学園案内s55_0005IMG学園案内s55_0004

 

IMG学園案内s55_0004 IMG学園案内s55_0005

4~5ページ目には、「鴨沂の教育」について説明が掲げられています。他地方では既にこの頃から失われて行った「高校3原則」について、これが唯一全国の中で守られているのが京都の府立高校のみである事、その中でも戦後の教育改革によってもたらされた高校3原則について、その制度が守られている事が=鴨沂の教育であるという事を謳っています。また、ミックスホームルームの実践や、その意義についても記述されており、今や全て消滅してしまったこの制度について、どういうものであったかを知るには、これは分かり易い資料とも言えるでしょう。また、ホームルームで取り組む多くの年間行事についてもその意義と共に記述されています。

尚、このページの「鴨沂ポケットメモ」は、「生徒部」と「銀座通り」についての説明がなされています。

IMG学園案内s55_0007IMG学園案内s55_0006

 

IMG学園案内s55_0006 IMG学園案内s55_0007

6~7ページ目には、「鴨沂の行事」が年間の流れと共に記述されています。この頃には2、3年生で6月に演劇コンクールが行われていたり、10月に学園祭が、その連動として「体育祭」が行われており、最も盛り上がる時期となります。ちなみに、80年代後半には少なくとも、文化祭は9月末、体育祭は10月頭と、あまり期間は離れていずに開催されていましたが、現在では9月頭の文化祭と10月頭の体育祭には1ヶ月のブランクがあります。

IMG学園案内s55_0009IMG学園案内s55_0008

 

IMG学園案内s55_0008 IMG学園案内s55_0009

8~9ページ目には、片側には「アッセンブリー」の説明、もう片側にはスクールソング(校歌を鴨沂ではそう呼ぶ)の譜面が記載されています。

この「アッセンブリー」とは、戦後、全国高等学校に授業の一貫として取り入れられたもので、この当時にも1年間に行う時間数として規定されてもいました。しかし、これも他校では既に多くが廃止されていたり年間でもごく僅かな時間がかろうじて設けられていたようです。このアッセンブリーとはそのままに「集会」の意味を指し、各学年が講堂に集まって種々な事を討論したり、外部から講師などを招いて講演を行ったり、また映画鑑賞なども開催されていました。

IMG学園案内s55_0011IMG学園案内s55_0010

 

IMG学園案内s55_0010 IMG学園案内s55_0011

10~11ページ目には片側に鴨沂高校応援歌を、そして校舎平面図の1階案内が記載。

IMG学園案内s55_0012

 

IMG学園案内s55_0012

12ページ目には同じく校舎平面図の2、3階案内が記載。

IMG学園案内s55_0013

13~23ページに渡って、各クラブ活動の紹介文が掲載されています。これらの案内をもって、新1年生は部活動を何にしようかと選択しました。今思えばずいぶんたくさんの魅力溢れる部活動があったと、その記事を見渡すに思います。

IMG学園案内s55_0013IMG学園案内s55_0014IMG学園案内s55_0015IMG学園案内s55_0016IMG学園案内s55_0017IMG学園案内s55_0018IMG学園案内s55_0019IMG学園案内s55_0020IMG学園案内s55_0021IMG学園案内s55_0022IMG学園案内s55_0023

IMG学園案内s55_0015IMG学園案内s55_0014
IMG学園案内s55_0017IMG学園案内s55_0016

 

IMG学園案内s55_0019IMG学園案内s55_0018

 

IMG学園案内s55_0021IMG学園案内s55_0020

 

IMG学園案内s55_0023IMG学園案内s55_0022

以上。

この「学園案内」にて、鴨沂高校はどんな学校か、いや、どんな学校であったか、分かりましたでしょうか?