食堂存続の危機。

「情報の共有と問題注視をお願いします」

NHK京都放送による鴨沂高校の食堂の微笑ましくもあたたかな話題も冷めやらぬ中、不穏な情報が流れてきています。
これまで長きにわたり、鴨沂高校の食堂として、学生の味方、働くお父さんお母さんの味方、手作りで顔の見える食事を作ってくださってきた一番の功労者、鴨沂高校の食堂が、来年の新校舎では(図面からも危惧されていた通り)、このままでは廃止される様相です。
以下、リンク先をお読みいただき、また、情報をお持ちの方は共有し合い、この問題にたくさんの方に注視していただけますよう、お願い申し上げます。

もっと見る

鴨沂高校の図書館

鴨沂高校の食堂を廃止してコンビニに?! 府教委・校長が計画中との情報

鴨沂高校で長年学生や関係者の食環境を支えていただいていた前川さんの食堂を廃止し、コンビニにしようとしているとの情報が、先日保護者筋から入りました。ツイッターで広く情報を呼び掛けたところ、下記の情報が寄せられました。鴨沂高校の図書館では、事実関係を含め、この問題を調査していく予定です。ご存知の方がおられましたら、メッセージ等、ご連絡をお願いいたします。

 Twitter「鴨沂高校の図書館」で鴨沂の食堂の件を読みました。内部からの確実な情報で、相変わらずの校長の二枚舌作戦に食堂関係者や一部保護者、 一部教職員などが怒っているようです。府教委及び校長は、前川さんと来年度の契約をしないで、前川さんにコンビニとの契約金を払わせて新しく作るコンビニ のオーナーをやらないかと持ち掛けているようです。一方でPTA有志が食堂存続の署名を校長室に持っていったら「食堂は存続させるのにこんなことするな」 と怒鳴りつけたそうです。その裏で図書館はコンビニ仕様に改築しているらしいとか。校長は生徒や保護者に「食堂は残す」と言ったので多くの保護者や生徒も 信じているみたいです。オープンスクールでも、あたかも食堂は存続されるかのように、学校自慢としてNHKのビデオを見せて食堂の自慢をしているようで す。校長は、前川さんにはコンビニに自分の作ったものを置いたらいいと言っていたのが、「やっぱりだめ」となったり振り回されているらしいという話です。 厨房スペースも設備もなく、これで食堂というのはおかしいでしょう。いつの間にかコンビニになる話になっていて、ましてや前川さんにそのコンビニオーナー にならないかと話を振ってくるのって、おかしくないですか?それにしても、校長は今年度で退職なので次の校長が知らぬ存ぜぬで押し切るつもりではないで しょうか。