カテゴリー別アーカイブ: 歩みレポート|鴨沂校舎を考える会

「鴨沂高校の校舎を考える会」、発足以後の歩みを紹介していきます。心が動いた瞬間や現実的な問題においての知りえた情報、また組織の方との出会いや、皆様からの情報提供など、さまざまに。歩みのまま紹介していきます。

学生食堂存続を要望する署名を提出!4300を超える声!

本日、皆様から頂いた「鴨沂高校新校舎に現在の学生食堂の存続をもとめる要請署名」の追加分1,674筆、11月1日の提出分と合算すると4,342筆を京都府教育委員会へ提出いたしました。わずか1か月で4342筆もの署名を集めることができました。本当に感謝しかありません。
また、在校生が独自に集め、全校生の8割に当たる544筆が集まった「鴨沂高校新校舎の厨房のある食堂存続を求めるための署名」が11月10日に校長へ提出されたことを告知しました。

 やり取りの中で、現役保護者の方が「是非、鴨沂の食堂へ食べに来てください」と自信を持って発言されていたのが印象的でした。自信をもってこうした発言ができる食堂、前川食堂がある鴨沂高校を、ぜひ新校舎でも続けて頂きたい。他にも、「プールなど、一部の人のための施設に莫大な予算を使うより、みんなの使う食堂にお金をかけましょう」「実際に食堂を利用する立場である生徒の8割が署名している。この重みを受け止めて頂きたい」など、各々が思いをぶつけました。
教育委員会管理課の担当者は、「私の立場ではお答えできないことが多いです」「署名は確かにお預かりいたしました」と述べました。(文責・FBページ「鴨沂高校の図書館」より)

鴨沂高校の学生食堂。存続に関する署名がスタートしました!

前川食堂は単なる一業者なんかじゃ無い。長年に渡る、まさに鴨沂高校の教育環境のひとつ。大事な教育設備のひとつです。

鴨沂高校の校舎改築も進み、来年の夏にはいよいよ、工事を終えた新校舎へと、鴨沂高校の学生たちが戻ってきます。しかし、このままでは同じような形態では、戻ってこない可能性の高い教育施設のひとつがあります。

前川食堂。

現在の仮校舎でも引き続き美味しい食事を提供されている前川ご夫婦によって、学生食堂を切り盛りされてなんと37年越え。さらに遡ること前川さんのお父さんの代から数えると約50年!

現在、60歳代後半以降の卒業生の方から在校生に至るまで続く、まさに「同じ飯を食べる」繋がりを、大事に大事に紡いでくださっている学生食堂が、存続の危機に瀕しています。

鴨沂高校の食堂は、作り手の顔が見える、出来上がるたび名前まで呼んでもらえる、安くて愛情いっぱいのメニューが自慢です。

※当時の学生向けワークショップにて提示された旧図書館棟における食堂図面。

4年前の校舎改築に向けた基本設計図面から、その懸念は当時の在校生からも浮上していました。学生向けの校舎づくりのワークショップでは、設計者から指される新校舎の図面には、確かに旧図書館棟1階には食堂と書かれたスペースがあるものの、厨房設備と明記されたものが見当たりませんでした。在校生らから「今後の食堂はどうなるのか」と質問が寄せられても、はっきりとした答えは、そこに居る設計者や京都府教育委員会、また現在もおられる校長らから、誰からも明言されることはありませんでした。

それから現在に至り、いよいよ新校舎完成が目前に迫る中、全日制の保護者らや在校生からの問いに対し、校長先生からははっきりと「食堂は存続されます」「親子三代(恐らくは、現在食堂運営に従事されて居る前川さんの子供さんを含まれての意味)に渡って食堂を運営されています」「今後もこうした古き良きものは残します」等とパブリックコメントが発表されました。加えて、中学生向けのオープンスクールでは盛んに食堂アピールが成され、前川さんらも学校の要請に従い、彼らに向けた試食会にご協力され、新たに受験される中学生や保護者さんらにも大好評。また、今年夏のNHK京都放送での特集枠で前川さんらの食堂が取材放映されると、これもまた折々の学内の催しなどで、まさに学校自慢としてPRされました。

これらを受けて、在校生や保護者さんらも、今後も前川食堂が運営される、子供達は顔の見える、暖かで心のこもった食事が食べられる、良かった!と一同安堵したのです。

が、しかし一方で同時期、鴨沂定時制の教職員に向けて、同じく校長先生から、「新校舎では現行の食堂はなくなる」「今後はコンビニにすることも検討中」などと言う、まさに寝耳に水、全く相反する発表が成されたのです。そして、運営側の前川さんらには、校長や京都府教育委員会の管理課らによって、新校舎には厨房設備が無いことが告げられました。
これは、実質的に前川食堂が今後は機能されないということを意味します。果たして、出来立て、手作りを信条としている前川さんらに対してこのような申し入れを行うということが、食堂の運営について協議している、などと言えるのでしょうか。

※情報開示請求では、今後の食堂に係る全ての図面の開示を求められましたが、校舎移転後の学生向けワークショップで提示された図面から一つも変わらないもののみしか開示されませんでした。これは詳細平面図では無く、一般的な平面図でしかありません。

これらを受けて、在校生保護者有志さんは、京都府教育委員会に向けて、情報開示請求を行い、新校舎における旧図書館棟での、今後の食堂運営がわかる詳細な図面群の開示を行いました。しかし、詳細な図面を求めたにもかかわらず、それに該当する図面は、詳細平面図でも、設備がわかる設備図でも無く、一般の平面図のみが渡されました。これでは、詳細な事は何もわかりません。しかし、わからないながらも、この図面には、厨房設備が一切、見当たりません。開示請求後の説明でも、保護者さんらには、「前川さんらとは協議中ではある」「今後は厨房設備に関しては、業者側で行うと言うことになるだろう」と言うような曖昧な説明に終始されました。つまり、厨房設備は今後、学校側としては方針として、設置しないことを前提として居るのが図面同様に、語られています。

学校側からの説明からすれば、食堂は存続すると言われれば、それは現行の食堂形態が、今後も引き続き新校舎でも継続されると思うのは当然です。が、しかしどうやら、言葉の意味と解釈は少なくとも、校長先生の説明と、我々の思うところには、大きな違いがあるようです。

これからも、鴨沂高校の在校生には前川食堂で、出来立ての食事を食べて、勉強に、部活動に、励んでもらえるには。私たちにできること。

これら、一連の流れを踏まえて。では、私たちはその方針の決定を、蚊帳の外から待つしかないのでしょうか?今後の食堂のあり方について、私たちにも要望を伝える事、声を届ける事はできないでしょうか?

現在に至り、協議の場は食堂利用者に果たされていない現状にも、新校舎完成は着々と迫っています。もう、何もかもが決まってしまう前に、事後報告として答えを聞くだけじゃない、私たちができる事の小さな一歩。

何もかも、個別の当事者にポツポツと詳細を明かされるような透明性の無い環境に対し、風通しを良くすべく、全てを知り、また議論し、みんなが納得できるような形になるように。

これまで多くの思い出と愛情を与えてくれた前川食堂のファンの卒業生。忙しい毎日にも、子供たちには安心できる、手作りの食事を今後も食べさせたい保護者の方。何より。前川食堂の素晴らしさを知る、多くの方々。

この、貴重な、歴史ある鴨沂の学生食堂を守りたい。みんなが納得できる食堂のあり方を、みんなで考えたい。そう、感じてくださる方らに向けて。保護者有志、卒業生有志、によって、署名運動を開始します。

どうか。請願内容をお読み頂き、ご賛同の方は、ご署名をお願い申し上げます!

※書面による署名活動は、2017年11月15日締め切りを持ちまして、終了いたしました。
4300筆を超えるお声をお寄せいただき、誠にありがとうございました!

◉署名簿。ダウンロード(PDFファイル)

鴨沂高校学食存続要求署名用紙

※A4サイズにプリントアウトして、署名にご協力をお願いします。ご家庭にプリンターが無い方は、USBなどにファイルを保存し、コンビニなどのコピー機よりコピーする事も可能です。お手間お掛け致しますが、どうぞ御協力をお願いします。

※全国セブンイレブンのコピーサービスでは、署名用紙PDFをダウンロードしたスマホから、wifi経由でプリントアウトする事も可能です。

※全国ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクスのネットワークプリントサービスにて署名簿をコピーすることも可能です。登録は11月13日00時ごろまでがコピー可能期限です。(期限は後程再更新いたします)ネットワークプリントサービスから、ユーザー番号U6KLUKUZWNを入力し、ファイルを選択して文書コピーしていただけます。

印刷ステータスが「印刷できます」になりましたら店頭で印刷してください。
展開中 印刷できます

店頭で印刷する際は「プリントサービス」を選択してください。

◉郵送先・署名簿締め切り期日

署名簿郵送先はこちら↓

〒605-8799

京都市東山区大和大路通五条下る石垣町西側42

東山郵便局留

「鴨沂高校の校舎を考える会」

谷口菜穂子 宛

※署名簿は提出の第一回目を10月末といたしました。11月1日に京都府庁まで署名提出を行いました。第一弾では、2668筆のご署名が集まりました!

※第二弾の署名は、11月15日必着にて、御郵送あるいはアンテナとなっている者へとお渡しください。第二弾を最終とし、11月17日前後にて、京都府庁へ提出いたします。

※約一週間おきに確認しに参りますので、お送り頂きましたご協力の皆様にはお返事が遅れます。どうぞご了承をお願い申し上げます。

お問い合わせ及び連絡先→memory.of.ouki@gmail.com 鴨沂高校の校舎を考える会 谷口菜穂子(鴨沂高校1989年度卒)

鴨沂高校の食堂はなくしてはいけない。

「鴨沂の食堂を無くしてはいけない」。

昨晩からフィードにて鴨沂の食堂の件について、情報が上がってきています。
これはまさに関係者からの声で、信じたくない現実の問題です。読ませていただいて、カウンターの外側しか知らない我々卒業生の、その内側で起こっているお話に、心揺さぶられました。
これまで、食堂でお世話になった方、かけがえのない思い出、どうぞお声をお寄せください。そうした一つ一つの声が、勇気に繋がります。
過去の思い出に封じ込めず、今も大切に受け継がれている食堂の存続を、どうぞみんなの声で。

鴨沂高校の図書館

  鴨沂の食堂を経営されている前川夫妻のご息女で食堂関係者でもある河本真智子さんから、情報をいただきました。食堂と一口に言っても、コンビニに座席がた くさんあるだけのような「食堂」ではなく、やはり本物の食堂のもつ魅力に勝るものはありません。鴨沂には、前川さんの食堂が絶対に必要だと強く実感させら れる投稿です。下記、そのままの形でシェアします。

 私の職場でもあり、両親のお店でもある鴨沂高校の生徒食堂がコンビニになってしまうかもしれません。かも、なんて悠長な話でもない。
両親はこれまで、手作りにこだわって子どもたちに温かい食事を提供してきました。子どもたちの名前を覚え、学校生活を応援し、見守ってきました。私はその姿を見て育ち、飲食を生業としていこうと決めました。
30年以上、鴨沂高校の生徒食堂として子どもたちに「食」を通して関わってきた両親の今後の生活も関わっていますし、私も仕事を失うことになります。…
そしてなによりも、子どもたちの憩いの場、学校生活の中で大切であるはずの「生徒食堂」なくなってしまう。
私は鴨沂高校の卒業生ではありませんが、高校生活の中で「生徒食堂」はとても大きな存在でした。休み時間に友だちと走って唐揚げを買いに行き、お昼はいつも決まった席を陣取って集まり、食堂のおばちゃんと挨拶しながら、色んな生徒が入り混じってご飯を食べる。
他愛もない時間でしたが、とても良い思い出です。
コンビニは確かに便利だけど、生徒食堂の代わりにはなりません。
子どもたちの学校生活に生徒食堂は必要です。学校生活の中で生徒食堂を大きな役割を持っています。
そしてその子どもたちの学校生活を生徒食堂の要が両親の作る温かい食事だと思っています。
食べられればなんでもいいわけありません。
両親が朝早くから作るおにぎりやお弁当。顔を見て食券を書き、名前を呼んで提供する定食や丼。子どもたちの来るタイミングに合わせて作る麺類。
「おっちゃん、おばちゃん」と子どもたちが両親を慕って卒業しても食べに来てくれる、そんな生徒食堂です。
これまで生徒食堂存続について振り回されている両親を近くで見てきました。
降って湧いたようなコンビニ話に私もとても驚いていますし、ものすごくムカついています。
どうしたもんなのかな。
私もまた無職になってしまう。

食堂存続の危機。

「情報の共有と問題注視をお願いします」

NHK京都放送による鴨沂高校の食堂の微笑ましくもあたたかな話題も冷めやらぬ中、不穏な情報が流れてきています。
これまで長きにわたり、鴨沂高校の食堂として、学生の味方、働くお父さんお母さんの味方、手作りで顔の見える食事を作ってくださってきた一番の功労者、鴨沂高校の食堂が、来年の新校舎では(図面からも危惧されていた通り)、このままでは廃止される様相です。
以下、リンク先をお読みいただき、また、情報をお持ちの方は共有し合い、この問題にたくさんの方に注視していただけますよう、お願い申し上げます。

もっと見る

鴨沂高校の図書館

鴨沂高校の食堂を廃止してコンビニに?! 府教委・校長が計画中との情報

鴨沂高校で長年学生や関係者の食環境を支えていただいていた前川さんの食堂を廃止し、コンビニにしようとしているとの情報が、先日保護者筋から入りました。ツイッターで広く情報を呼び掛けたところ、下記の情報が寄せられました。鴨沂高校の図書館では、事実関係を含め、この問題を調査していく予定です。ご存知の方がおられましたら、メッセージ等、ご連絡をお願いいたします。

 Twitter「鴨沂高校の図書館」で鴨沂の食堂の件を読みました。内部からの確実な情報で、相変わらずの校長の二枚舌作戦に食堂関係者や一部保護者、 一部教職員などが怒っているようです。府教委及び校長は、前川さんと来年度の契約をしないで、前川さんにコンビニとの契約金を払わせて新しく作るコンビニ のオーナーをやらないかと持ち掛けているようです。一方でPTA有志が食堂存続の署名を校長室に持っていったら「食堂は存続させるのにこんなことするな」 と怒鳴りつけたそうです。その裏で図書館はコンビニ仕様に改築しているらしいとか。校長は生徒や保護者に「食堂は残す」と言ったので多くの保護者や生徒も 信じているみたいです。オープンスクールでも、あたかも食堂は存続されるかのように、学校自慢としてNHKのビデオを見せて食堂の自慢をしているようで す。校長は、前川さんにはコンビニに自分の作ったものを置いたらいいと言っていたのが、「やっぱりだめ」となったり振り回されているらしいという話です。 厨房スペースも設備もなく、これで食堂というのはおかしいでしょう。いつの間にかコンビニになる話になっていて、ましてや前川さんにそのコンビニオーナー にならないかと話を振ってくるのって、おかしくないですか?それにしても、校長は今年度で退職なので次の校長が知らぬ存ぜぬで押し切るつもりではないで しょうか。

勉強会報告。

「京都市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例」についての勉強会報告。

 

先週金曜日のお話ですが、大阪弁護士会会議室にて行われた、大阪弁護士会の研究会が主催された勉強会に参加してきました。

テーマは京都市が制定した「京都市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例」について、京都市の担当職員を招いての講義と、これと同様な条例を制定したいと検討されている河内長野市の担当者の方らの講義及びディスカッションといったものでした。

 

以前もフィードで触れた事がある、テーマの主軸である「京都市歴史的建築物の保存及び活用に関する条例」。京町家などの木造建築、並びに近代建築などの非木造建築等、歴史都市・京都の景観を形成し、生活文化を伝える景観的・文化的に重要な建造物の伝統的な意匠形態を保存しつつ、安全性の維持・向上を計り、建築基準法の適用を除外する事で、これまで困難だった建築行為を可能として良好な状態で保存・活用を計るものとして、平成24年にまずは木造建築を対象に、そして平成25年には非木造建築を対象範囲として広げ、条例が制定されたものです。

↓条例の詳細内容はこちら

http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000157989.html

 

今回の勉強会での講義並びに質問内容から分かった事を以下にまとめてみました。

 

◎今回の京都市の条例では、これまでの所、適用建築物となったのは木造建築で3案件(龍谷大学深草町家キャンパスと、あと2件は寺院)。そして非木造建築での適用建築物となったのは現在までで1案件のみ。それは本・京都府立鴨沂高等学校の中央棟。つまり、現在まで非木造建築では、最初の対象事例にしてオンリーワンの建物である。

◎この条例に関しては、景観的、文化的に特に重要なものとして位置づけられた建物である、建築基準法施行(昭和25年)前に建築された建物が対象となり、所有者は保存しながら使い続けるための建築計画や安全性の向上、維持管理に関する計画を記載した「保存活用計画」を立案し、京都市長へ登録の提案を行うものとされる。つまり、鴨沂校舎の場合には所有者である京都府教育委員会より「保存活用計画」が提出されたものであり、この件を京都市の担当者に質問した所、府教委側の計画では、校舎全体では無く、校舎中央棟部分の保存活用計画が提出されたとの事だった。

◎提出された「保存活用計画」は審査され、京都市から保存建築物に登録される。また、今後、所有者は増築等を行う前に市長の許可を受けたり、適切に維持管理が行われるようになり、定期的に市長に報告を行うよう取り決めされている(3年ないしは5年毎の報告)。つまり、今後の鴨沂校舎中央棟に関しては、これまでのようなメンテナンスの滞った状態に陥る事が起こりえない筈、となる。

◎今回の条例の施行については、国による指針に沿った形でつくられたものであり、それらを受けて京都市が取り組んだものである。

◎ただし、この条例についても文化財指定を受ける受けないと同様に、所有者側の意向有る無しによって、条例自体が活用されるかというのが大きな問題となる。

 

第二部のパネラーとしてお話された大阪府河内長野市の文化財保護を担当されていた元職員の方は、主には京都と高野山を結ぶ高野参詣道として歴史を刻む河内長野市に多く残る街道風情や、その文化財指定を受けた建造物の経緯を説明されました。そこには建造物の所有者側に対する働きかけについても触れられていました。また、残す事だけでは長期的保存の道とは言えないとされ、それら木造建築に必要な材木や萱などの育成にも市をあげて取り組まれている事も紹介されていました。そこには、担当者の方の、未来に渡って市民の貴重な財産を残し、伝える事の使命感や熱意を強く感じました。

 

こうした心ある人の力の呼びかけによって、意識は変わるのかもしれないと感じたと共に、講義を受けながら、本来は京都市の条例の対象範囲である(と、以前京都市長への質問状からの回答でもそう述べられていた)あの、鴨沂に残る地下道上屋の貴重さについて、果たしてどう、投げかけてゆけば多くの方の意識は変わるのだろう・・・と、果てしない気持ちになりました。

このような条例の対象になるような、あの学校校舎はそれほどの建物だったのですよ、という事から、今だ意識を持たれなければならないのかもしれません。

また、こうした条例があっても、それを活用し、発展させるもさせないも、私たち市民次第なんだと思うのです。守る事や残す事は、何も単調な意味での保守ではありません。お飾りのようにただ残すだけの為では無い、残し、今後も安全に活用するという方針を持った条例なのですから、その意味を知り、保存と活用の両立が、未来へと続く歴史になるのだという考え方に、展開してゆければと願っています。