鴨沂高校レポート」カテゴリーアーカイブ

鴨沂高校の歴史や、日常のことなど鴨沂高校についての記事です

NHK京都放送での鴨沂食堂取材。

http://www.nhk.or.jp/kyoto-blog/essay/274966.html

「同じ釜の飯を食う。と言うこと。」

昨晩に触れました、本日のNHK京都放送「京いちにち」。
鴨沂の名物学生食堂、前川ご夫婦がフューチャーされていました。ご覧になられましたか?
映像にも映っていました鴨沂野球部さんの夏は、初戦にまさかの超強豪校と当たって残念でしたが、映像では(録画ですが)部員の皆さん、いい顔されてて、元気そうで、良かったです!

しかし前川ご夫婦。相変わらず、本当にお元気そうなご様子で、ほんと、いい顔されてて何よりです。時代が変わっても、在校生らに続けて愛されておられて。。。なんだか、グッときましたね。
工事が終わって元の校舎に帰ってきても、変わらず鴨沂でお会いできますように。どうぞその笑顔と美味しい学食で、みんなを迎えてください。
いつもありがとうございます!

 

 

NHK京都放送にて。食堂取材です!

「明日のNHK京都放送で」

久しぶりの投稿。大変ご無沙汰しております。
工事中の鴨沂校舎も、外側から望むに大きな変化もなく、近くの噂の億ション等が着々と形を成すなか、どうなって居るのやら。。。わからないままの月日が流れています。
さて、そんな中での久々の朗報。
鴨沂のリアル歴史物語を誰よりも知り、そして誰よりも愛を持って尽くしたであろう、あの(!)、名物学食・前川さんご夫婦。
今や長い歴史の鴨沂を継承し続けてくださって居るのは、この方らの存在だけ、と言っても、過言では無いかもしれないですね。
そんな鴨沂の学食が、NHK京都放送局「京いちにち」にて、放送されますよ!

7月11日(火曜日)
『ガクメシ』鴨沂高校
〜学食一筋37年!愛情いっぱい夫婦のガクメシ
夜6:30から7:00の番組枠内

キャッチコピー読んだだけでもグッときますね。。。37年!
これからもずっとずっと、前川夫婦のレジェンド学食、続いてほしいものです!

明日の放送、要チェックですよ!
http://www.nhk.or.jp/kyoto/news630/

とまどう桜。

久しぶりの投稿です。

今年の春は、遅かったですね。
昨日、仕事で終日御所に居りましたら、各所の桜もそろそろと咲き始めてきた様子でした。今更ながら初めて訪れました仙洞御所からは、ちょうど北池・南池か ら、本来ならば抜けるような青空に、鴨沂の工事クレーンが突き出していて、偶然見学に来られていたご近所の方が「鴨沂の工事クレーンが邪魔ですねえ」と、 カメラを構えながら苦笑いされていました。
一通りのロケハンが終わって、鴨沂に行きますと、けなげな正門の桜と、移植されたブツ切りの桜が花を咲かせていました。
京都に住んでいると、またの機会と御所も周囲をぐるり歩く位でなかなか、京都御所も、仙洞御所も訪れる機会も無く、それぞれの建物の意匠などもじっくり見 る事は無いものですが、あらためてよくよく見て、そしてそれらの位置関係などを拝見しますと、裏千家ゆかりの茶室も、または各所の門も、あの鴨沂にあった それらに一致、あるいは通うものが多いんですね。
侘びも錆びも分からずままに消えていったものの後、桜は重機に囲まれつつも春を教えてくれていました。

本格的な梅雨の時期

「今日の鴨沂」

本格的な梅雨の時期を迎えました。

約1ヶ月ぶりの鴨沂です。

13418791_850083661802513_2205986008576406524_n

高い囲いの向こうを見通す事も出来ず、大きなクレーンも入っていないので、あまり風景は変わる事も無く。・・・が、そう言えば、と思い、正門側の梅の木を覗き込むと、見えました。梅の実。雨に打たれ、枝も整えられてない中を可愛い梅の実がいくつか、膨らんでいました。夢がありますね。

さて、教育委員会の発信する工事の進行状況を伝えるサイトが更新されています。本館中央棟の外壁タイル張りも完了し、内部の改修も進んでいるようです。あの、すり減った階段のステップは、裏返して再利用されると記載されていて、どこかの板から取ってつけた階段にはならない、つまりオリジナルを尊重するという方針にはとても好感が持てました。しかし、もう失ってしまった教室棟の階段達は、それも味を出していたのですが、どこへ行ってしまったのか、それとも何らかの形で再利用されるのでしょうか。

http://www.kyoto-be.ne.jp/kanri/cms/?page_id=41

来週からの工事工程表には、またも埋蔵文化財調査に、元茶室・和室の部材を使った仮組がなされるとありました。

13392302_850083621802517_3273755117946263943_o

今後はどのように。

今日も北運動場は雨に打たれて、誰も姿がありません。

ゴールデンウィークも最終日

「今日の鴨沂」

13124423_831507050326841_7705984209398401652_n

ゴールデンウィークも最終日。久々の鴨沂です。この頃では日も長くなって光も綺麗、新緑も綺麗、美味しいもの、楽しい事いっぱいの季節を迎え、どうしても、痛々しいものから遠ざかる心の弱さと向き合うような心地がします。

13124566_831507230326823_3949769230076167443_n

敷地内は土がえらく掘りかえされて、周りを囲っていた塀も、ずいぶん無くなって防音シートにとって変わっていました。そんな中、ウィーンの林と化した元ウィーンの森から移植された僅かな樹木も懸命に緑の葉を出し、花を咲かせるものもありました。が、その足下には無惨に胴体が切られた、丸太がごろり。柵の向こうから本当に申し訳ないと謝りました。

13173680_831507290326817_4984045045732086553_n

近頃では別に、ここだけに限らず工事現場にはよく、どういう設定か分からないプランターの花が置かれている事がありますが、鴨沂の南西角にも、防音シートと柵に囲まれて紫陽花とその他のプランターが申し訳程度に置かれていました。これで殺風景な工事現場の雰囲気をご近所様に緩和する感じなのか、不思議な言い訳のような心地がします。

13124856_831507056993507_1653724674254715749_n

4月のままで差し替えられていないお隣の荒神さんの、ありがたいお言葉が沁みました。

13177712_831507226993490_1167106436933538501_n

「どんな樹でも 地におちた一粒の種から 芽を出し根を張り 風雪に耐えて大木となったのです」。

今日は北運動場では恐らく防災訓練か、消防団さんの訓練が行われていました。いつもの野球部、あるいはサッカー部の姿は無く。

みんな、元気に活動されているのかな。

13091926_831507060326840_4607685087574729786_n12524179_831507093660170_8502223641595338020_n

13123239_831507223660157_4197685565041033611_o