月別アーカイブ: 2013年9月

かっこいいやんな鴨沂シリーズ/23

「かっこいいやんな鴨沂シリーズ/23」

本館2階。定時制教職員室の片隅で、コピー機やらに囲まれてもう、よく分からない事になっていた床の一部。

大理石暖炉の周辺を囲んだ意匠。

ここは女学校時代、宮様のおつきの方の、控えの間だったのだそう。

周囲には当時の木製壁も残っています。

かっこいいやんな、鴨沂。

かっこいいやんな鴨沂シリーズ/22

『あなた方の学校には高貴な伝統がある。あなた方は学生生活を通じてこの貴い歴史に忠実にあらねばならない。自分自身の力を信じ、己がなし得る事を知覚し、各自成すべき事に尽くす事こそ最高の業である。たとえ学窓を出て世の荒波にもまれても、理想を高く掲げ、如何なる場合にも義務を遂行せされたい』。

~ヘレン・ケラー

この講堂で、集まった1500人を前に、彼女は言った。

かっこいいやんな。鴨沂。

 

京都まちづくり市民会議より要望書提出

本日26日。

府庁まで、『京都まちづくり市民会議』より、鴨沂校舎保存活用に向けた要望書が提出されましたので、ご報告申し上げます。

『京都まちづくり市民会議』という組織は、弁護士や建築家、大学教授などの専門家による組織で、京都の景観破壊の危機を救うべく、90年代初頭より運動を展開して居られます。

要望書提出の際には、府教委管理課の岩城課長が対応されたそうで(我々も対応して頂いた事はありません。)、しきりに「生徒の安心.安全の見地から、校舎の改築は必要だ」と強調していた、との事。「二次、三次判定も行った」と。

やはり、「解体」なのですね、あくまでも。

ともあれ、この度は心強い要望書提出を、心から感謝申し上げます!

130926鴨沂高校要望書

かっこいいやんな鴨沂シリーズ/21

北運動場にあるプール棟。水泳部じゃなかったから、ついに中に入る事は在学中も、卒業後も無かった。この写真は、写真家で元鴨沂PTAだった神谷潔氏より。

昭和8年竣工。創立60周年記念事業のひとつとして、校舎改築の最初に手がけられたもの。トップライトに自然光を採り入れ、濾過装置、温水設備は当時最新。

竣工式には久邇宮多嘉王、同妃、同徳彦王が台臨。・・・って、皇族とのゆかり、この学校、ほんと強いんだって、この当時の事、イメージすればするほど驚かされる。ので、ここにも貴賓室は当時あったんだそう。

昭和7年のロスオリンピックで銀メダル、昭和11年のベルリンオリンピックで金メダルを日本人女性で初めて穫った「前畑がんばれ!前畑がんばれ!」で有名な水泳選手、前畑秀子もこのプールをデモで泳いだ事があるって、女学校時代の方から聞いた。

そんな歴史の語り部たるプール棟も、この度解体すると、府教委は決めているらしい。

理由は、北運動場を更地にして、鴨沂グランドにするから。

そして、新しいプール棟は、女子水球部のため、本校敷地に新築されるんだそうです。

 

一方。北運動場の敷地では、とうてい活動出来ないクラブもあります。つまり、廃部の危機に追いやられている、という・・・

 

しかし・・・

こんな歴史の語り部建造物。あるなんて、かっこいいやんな、鴨沂。

かっこいいやんな鴨沂シリーズ⑳

北運動場にある通称「旧体育館」。デザインをよく見れば、本館としっかりリンクしている。昭和9年竣工。前年プールと共に本館より最初に着手された建造物。

天皇の行幸や皇族の台臨に備えて、貴賓室もあったんだって。

そんな貴重な歴史の語り部建造物は、北運動場を更地にして鴨沂高校専用グランドにするため、解体されるという事に、今の所決まっている。

本当に、北運動場を更地にした所で、グランドになんて、なるのかな。体育授業も、部活動も、どう考えたって制限される。

 

旧体育館。

よく見直したら、ほんと、かっこいいやんな。