日別アーカイブ: 2013年11月4日

紫野グラウンドに関する声明文にご賛同お願い致します。

「何故、鴨沂高校の専用グラウンドである、紫野グランドに新設フレックス学園を建設しなければならないのか」。

紫野グラウンドは、空き地であった訳でも、また鴨沂高校が進んで建設予定地として差し出した訳でもありません。また、紫野グラウンドは今現在に至っても、鴨沂高校が現行利用している中、その地が建設予定地になるその理由説明を在校生や保護者という当事者自体が一切受けていません。これは、学生が教育を受ける権利を著しく侵害しています。

私たちは、新設フレックス学園が京都府に誕生する事に反対している訳ではありません。しかしながら、何故、現行利用している教育環境に、理由も告げず、当事者の同意を得た訳でも無く、建設を強行スタートするのか。これは、説明責任を放棄しているともとれます。

当事者側は、当然の権利として、納得説明と、少なくとも代替地の確約を求めているのです。これらの説明も確約も無くして、この地で建設がスタートするのには、納得がいきません。

これらの不条理に関して、パブリックコメントという形で、京都府庁が窓口を開設されている京都府知事への提案「さわやか提案」という公的窓口が開かれております。文面ご賛同の方はどうぞ、以下PDFダウンロード及びプリントアウトし、ご署名をして(住所記入はしなくても良いと、さわやか提案窓口説明には記載されていますので、住所記載は任意にてOKとの事です)、ファックス送信して頂ければ幸いです。どうぞ皆様の声で、当事者の方々の切なる要望にご声援をお願い申し上げます。または、京都府公式サイトにて、「知事へのさわやか提案」というページにアクセスし、提案フォームに記載、または声明文をコピーペーストして下さってもOKです。

宛先/京都府庁「知事へのさわやか提案」宛

ファックス番号/075-411-5001

グランド問題への声明文jpeg グランド問題への声明文