月別アーカイブ: 2016年4月

本日の京都新聞記事より

女学校時代の映像が復元されたとのニュースが掲載されました。

是非見てみたい!それが率直な思いです。そして、何故今にして、というのがついついの記事裏読み。昔の映像がデジタル化された、というお話は全国の歴史ある学校で時々耳にします。大抵はどこかの大学の研究や協力あってという例が多いですが、記事を読む限り、いつ、どこで、誰が、という明確な内容が見えてきません。

映像が今迄これほどまでにあったなら、言葉を替えれば今迄てこ入れもされてこなかった、ありながらにして放置されていた、という事になります。勿論、今回のタイミングにて埋もれて劣化して消えてしまわなかった事はせめてもの救い、今後は教育の中で活かされるというのは当然と言えば当然の事です。そして当時にしてみれば大変貴重な映像というものが存在しているのであれば、静止画である写真も、学内には勿論大量に存在している筈でしょう。こうしたものと照らし合わせて検証し、本来ならばついこの間まで現存していた校舎群らに実際に触れて、見て、置き換えながら、歴史を辿ればどれほどの学習となったかを想像するに、無くされたものの貴重さが一段と身に沁みて来ます。

そしてこの教育の歴史の生きたレジェンドの中で、我々はどれほど深く、誇りに思う事が出来たかと。

大河ドラマに朝ドラと、次々制覇の母校ですが、それらが繋がれ、今日に至る鴨沂の年月。本物が大方無くなってしまい、あるのは映像のみ。「昔は凄かった」、では終わらないように、途中も今も興味深いと、そう思えますように、心から願うばかりです。

12969384_1083350855041255_1452093721_n13020149_1083346445041696_1845090167_n