月別アーカイブ: 2017年11月

学生食堂問題について。NHK京都放送局にて!

「明日のNHKにて、鴨沂の食堂問題が取り上げられます」

明日午後6時30分からの「京いちにち」(NHK京都放送局)にて、鴨沂高校の食堂存続問題について、放送されるとのこと!22日の番組放送末に、アナウンサーの方の予告とともに、テロップでも告知されていました。

是非、明日の放送をご覧くださいませ!

学生食堂存続を要望する署名を提出!4300を超える声!

本日、皆様から頂いた「鴨沂高校新校舎に現在の学生食堂の存続をもとめる要請署名」の追加分1,674筆、11月1日の提出分と合算すると4,342筆を京都府教育委員会へ提出いたしました。わずか1か月で4342筆もの署名を集めることができました。本当に感謝しかありません。
また、在校生が独自に集め、全校生の8割に当たる544筆が集まった「鴨沂高校新校舎の厨房のある食堂存続を求めるための署名」が11月10日に校長へ提出されたことを告知しました。

 やり取りの中で、現役保護者の方が「是非、鴨沂の食堂へ食べに来てください」と自信を持って発言されていたのが印象的でした。自信をもってこうした発言ができる食堂、前川食堂がある鴨沂高校を、ぜひ新校舎でも続けて頂きたい。他にも、「プールなど、一部の人のための施設に莫大な予算を使うより、みんなの使う食堂にお金をかけましょう」「実際に食堂を利用する立場である生徒の8割が署名している。この重みを受け止めて頂きたい」など、各々が思いをぶつけました。
教育委員会管理課の担当者は、「私の立場ではお答えできないことが多いです」「署名は確かにお預かりいたしました」と述べました。(文責・FBページ「鴨沂高校の図書館」より)